石のあれこれ

  1. ホーム
  2. 石のあれこれ

最近の石屋は、一言めには安い、安いと言ってやがって、ちゃんと石のことを話してねぇじゃねぇか!怒!

墓石の建立は、全てのお客様にけっして安い買い物であるとは、言い難いと思います。

だからこそ、すべてのお客様に納得頂けるよう、もっと石の事をきちんと説明するのが、われわれ石屋さんの義務です。

石の値段は、ちゃんとした理由があって決まってるんでぇ!

墓石の最大のトラブルは、石が割れてしまうということです。その原因は、石が水を吸い込み、冬の寒い日に氷になり、膨張によって割れてしまうことにあります。値段が高い石は、過去の実績で割れのリスクが低いのです。

また、高級石の横綱は、東・相州小松石、西・四国庵治石ですが、共に模様を合わせることが難しく、1組つくるのに10の原石を組み合わせています。もし、製品をお買い上げ頂いたなら、「世界中でお客様だけの1組」といっても過言ではありません。

中国産が安い、安いと言うが、国産だっていいところがあんでぇ!

石の価格は次の三つの要素で決まります。

 

その1.素材

一般論ですが、国産の石がマグマから花崗岩になったのは、9000万年前、中国の石は2億7000万年前といわれています。中国産は地中に国産の3倍も長い間、寝ていたことになり、それだけ地下水の影響を大きく受けています。だから、国産の方が水を吸いにくく、割れるトラブルも起こりにくいのです。

 

その2.磨き

石を磨いて光沢を出す場合、数種類の碇石を用います。国産では相州小松石の工程が最も多く、12工程もの碇石で磨きます。国内で磨いた場合、最低でも4工程を確保します。

一方、中国産の粗悪品の中には、3工程ですませ、薬による熱で磨き上げたものがあります。2年程度で光沢が無くなる原因がこのことが殆どです。鏡のようにてかてかで、白い粉(ろう分)を吹いてくるものは、要注意です。

 

その3.人件費、運送費

石を掘出し、加工する人件費はご存知の通り、中国産に国産は到底かないません。運送費は、輸出する際の船代が中国産は余分にかかります。

最近の石屋は、やり逃げする奴がいる。悲しいね。

私共「町の石屋」は、それなりの歴史を背負い、地域と深く結びついてまいりました。旧知のお客様方には、現在の所在地で営業していく以上、後足で泥をかけるような真似はできません。

お客様のトラブルを聞いていると、契約書をかわすような大手の会社が、短時間で石が割れてしまったのに何も対応してくれないとのことでした。契約書の中に“安い石なので、トラブルが起こっても当社は一切責任を負わない”との一行が入っておりお客様への説明も一切ないようでした。

また、アフターフォローをちゃんとしないと、我々の業界自体の品位が疑われてしまいます。

何で石屋は、うそをつくのかね。

最近でも悪質な石屋さんは、中国産を国産と偽って売る輩がいます。また、安い材質の悪い石を高級品として説明している人もいます。

お客様にとって、一生で一度の買い物をするのですから、本質を知って頂いた上で満足して頂くことが石屋の務めだと思うのですが………!!

暴露、石に関する性状の話

石の素材を評価するのに需要な4要素は「固さ」「吸水(水引き)」「鉄分(サビが出難い)」「カラー」です。

石屋業界は不思議な業界で、性状に係わる数字化が全くなされておりません。だからこそ、数字での製品の立証が望まれます。

下に示したのは、良し悪しを見る1つの指標です。

(黒・有色系の石は、吸水がないため、一概に比較できません。)

 

 
 
産   地
石  種
吸 水 率
圧縮強度
1 花崗岩
国産
茨城   白系
小 目
0.233
120.0
2  
国産
茨城   白系
中 目
0.315
111.5
3  
国産
茨城   白系
稲 田
0.220
167.5
4  
国産
岡山   赤系
北 木
0.320
147.0
5  
国産
岡山   赤系
万 成
0.400
156.9
6  
中国
     白系
G603
0.370
103.4
7  
中国
     白系
G623
0.330
110.4
8  
中国
     赤系
G361
0.380
94.3

 

上記の中で小目石に注目して下さい。吸水率、圧縮強度がすべての石の平均値にきているのです。これは、非常にバランスが良いということで、すべての石の基準ということです。(割れるトラブルが少ない。)

東京の石屋さんには、神話があります。「小目石を使っていれば大丈夫」つまり、このバランスを経験で石屋さんは知っているのです。

 

また、万成石、北木石は、水を吸う欠点を硬さでカバーしています。これは、産地である瀬戸内地方の気候(雨が少ない)にマッチしています。

 

上記の代表的な中国産白、赤色系の石は、水をよく吸い、それに対しての強度も十分ではありません。できれば、石碑は避けたいものです。(一部例外あり)

 

一方、鉄分がないとのデータがあるのは、福島産滝根石だけです。

 

さらに、この要素に、石の切り出し工程(中にヒビが入る場合もある)、鉱脈により石質が違う場合がある、水を吸いこんだ場合の色の変化などを勘案し、お勧めの石を決定しています。

中国を語るため、中国を見てきたぜ!

「中国を語るため、中国を見てきたぜ!」

敏おやじは、中国に行ってきました。あれこれ、うんちくをたれるためには、現場を見ておかないと・・・・・!ということで、日本の高度成長期のような中国福建省崇武近辺について語ります。

 

今の中国の石材技術は、格段に進歩しています。日本と同等あるいは、それ以上の工場もありました。しかし、その数は5社に1社程度です。(全体で500社以上ある。)光沢を出すため、薬を塗っているインチキの現場も見ました。

日本の真壁のとある企業が教えたとのことなので、教えた人は深く反省して下さい。中国品において、石のクオリティーを保つには我々の眼が大切であると痛感しました。

また、中国では、石の産地の拡大が進んでいます。新しい石の中には、石碑用に用いるのに十分な吸水率と硬さを持つものが出てきています。

これについては、今後調査報告をしたいと考えています。

中国の石にも惚れたね!

さて、独断と偏見と科学的実験に基づいてですが、お約束していた中国石材の調査・報告を致します。

中国では、内陸に行く程、質の良い石が取れることが判っています。

しかし、中国は広大過ぎ、運送は陸送のトラックが主ですから、日本に製品として輸出できるエリアには、限界があります。現在は、製品工場が沿岸の福建省に集中していますので、それから2つ省を跨いだ湖南省がそれのようです。そのエリア内で取れる石の中で石碑と外柵の一押しの石を発表します。

 

【G213石碑系】

湖南省産の白御影石です。中国の石材産出の原則通り、福建省より内陸に位置する湖南省は、硬く、吸水率が低い非常に品質の良い石が産出されます。代表的なものでは、緑単色の岩崎石や国産青手小目石にそっくりなSPI(硬さ、吸水率も)などです。その中でG2

13は、国産白手小目石にそっくりで、石屋でも見分けがつかないほどです。

また、小目石の特徴である白玉、黒玉が少なく、模様が細かく揃っています。そして、この石の最大の特徴は、価格が同品質の小目石と福建省産G614の中間に位置します。G614と比較すると、この単価差で品質(硬さ、吸水率)が飛躍的に向上することはすごいことです。

この石は、まだ日本の石屋さんにあまり存在を知られておらず、流通量は比較的少ないものです。ただし、その実力は、ブレイクするのに十二分なものであると断言致します。

 

【G623外棚系】

おそらく日本の中で最も有名な中国石は問われたら、敏おやじはこの石を挙げるでしょう。中国石の初期から輸入され、最もポピュラーな石が、福建省産のこの石です。この石は、福建省の石でも、硬い、安い、適度にしか水を吸わないと3拍子揃った存在で、G603が産出中止の今、エースといっても過言ではありません。模様は、国産の稲田石にピンクが少し入ったような感じになります。ピンクの色を含有する石は、(例えば、国産 万成石など)吸水は若干劣りますが、硬さでそれをカバーする石が多く、この石もその特徴があります。ピンク色は、時間がたつと抜けて行き、国産稲田石に非常によく似てきます。

また、なぜ安いかは、中国石の初期(約15年前)から日本に入っていたため、産出地(山)の機材が原価償却を終了していることと、産出地が履門の直ぐ近くで工場までの原石の輸送費が少なくすむことなどです。吸水が劣ることと、模様が若干粗目なことは、外柵に使用することで全く気にならなくなります。

難点は、産出地が市街地に有り、露天堀での最深部が約200mに到達したことで崩落の危険があるため、産出中止の噂があることです。現在、この石の特質によく似た、G688などの石も産出され始めています。

中国石をナンバーで呼ぶ訳

敏おやじが、中国石を「日本名」で呼ばず、ナンバーで呼ぶ」には、訳があります。

その前に、中国式のナンバーによる表示について、うんちくを述べます。ナンバーについては、3桁と新しい石で4桁のものがあります。例えば、G614-7(下番7)を例に取ると、6福建省から産出された 14番目の石-7鉱区から産出されたということです。

中国国内から輸出される際は、必ずこのナンバーで分類されています。

ところが、日本国内でお客様に多くの営業マン(石屋さんではない)がお勧めする場合、「千石」「桜御影」など和名の俗称がついています。これは、一方で親しみ易くする効果がありますが、

 

1.日本産と誤解が生じる。(むしろ、その効果を狙っている。)

2.お客様側から正確な石の素性が判らず、性状が特定できない。

3.石屋により名が違い、同じ石での見積比較ができ難い。

 

などの弊害があります。特に俗称で日本産の誤解が生じると、詐欺的な販売になってしまいます。だから、敏おやじは極力 ナンバーで、中国石を御紹介しています。

 

一方、日本産の石で、この俗称(例えば、小目石「髄栄の石」)をつけることは、親しみ増す、石の性状を簡単に想像できるなどの理由で非常に良いことだと考えています。

それでいいのか?納骨室!

敏おやじは、いろいろなお客様を拝見させて頂きましたが、石碑や外柵にこだわる人は多くも、納骨室(業界用語 カロート、カロード等)にこだわる方は皆無に思えます。

納骨の際、蓋石を開け、骨壷を見ると水が大量に入っていたという経験がある方がいると思います。関東式の納骨室は、地下或いは地表の土と接する所に密閉された空間を作るため、墓所の土からの水蒸気が納骨室内に滞留し、冷却され、骨壷内に入るという現象が原因です。雨水が納骨室に流入することより、(その対策として多くの場合、水抜きの穴を採っている。)

上記の原因であるため防ぎ難いものであるのが現状です。

 

納骨室が現在の形になってから、石屋さんはその対策を練ってきました。

 

それは、

 

1.納骨室の温度が上昇するのを抑え、水蒸気の発生を減少させる。

 (高温になる御影石、コンクリートは、極力 材料として避ける。)

2.材料自体に通気、通水性がある軟石(大谷石、白河石等)を使用する。

  これにより滞留した水蒸気を逃す。

 

で、老舗の石屋さんの8割が未だその伝統を頑なに守っています。

もちろん、御影石は仕上がりがきれい、コンクリートはコストパフォーマンスに優れるとの利点はあります。しかし、納骨室の本来の性質から考えて、この伝統はできる限り、頑固に守りたいと考えています。軟石で大谷石は最も通気性、通水性に優れますが、敏おやじは強度も考慮し、白河石で納骨室を創ることをお勧めしています。

秘密だよ!石屋への殺し文句!!

最近のお客様は、石を良く勉強され、他社からの見積もり比較もよく検討されています。これは非常に良いことだと思いますが、その知識をひけらかし、価格交渉をされるお客様が中にはいます。私達は少なからず、その道のプロですから、どうすれば安くなるのか、どう品質を落せば他社以下の見積価格以下になるかは、直ぐに判断できます。

そんなことより、敏おやじの仲間達(その地で何十年も営業し、トラブルがあっても逃げられない。)のような利より名を重視する石屋には、「予算はこれだけ。これで一番いいものを作ってくれ。信頼している。」との言葉が最大限の殺し文句となります。実はこの言葉こそ、我々が最も緊張する言葉なのです。無意識のうちに、信頼を裏切るわけにいかないという意識が働き、価格面にしても、技術面にしても最大限の努力をしてしまうのです。

メールの方はこちら

墓石
ペット墓石・ペット石像
庭石・灯篭・ガーデニング用石材
空き墓地ご案内サービス
石のあれこれ
会社情報
合資会社 苅田商店
〒166-0004
東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-21-1
TEL 03-3311-1359/ 03-3316-2814
FAX 03-3311-1369
[花崗岩採石場] 群馬県勢多郡東村草木
(渡良瀬渓谷鉄道 神土駅下車)
地図を見る
PAGE TOP